収入証明が不要のカードローン

収入証明が不要のカードローン

場合によっては収入証明が必要ない場合がある

カードローンでは、借りたい額に応じて、収入を証明するものが必要になります。収入証明というのは、源泉徴収票、確定申告書、所得証明書のことを言います。しかし、この証明書を得るためには、職場や市役所に行って手続きを行わなければならず、面倒に感じる人もいます。収入証明がなくても借りれたら楽ですよね。収入証明を提出する必要がなく、借りることができるカードローンはあるのでしょうか。そのようなカードローンはあります。しかし、カードローンというより、借りる額によって必要か不要かが決まります。目安となるのが、100万円となります。限度額が100万円以下であれば収入証明が不要なところが多いです。さらにこのように収入証明が不要なカードローンは銀行系カードローンに多いです。借りたい額が多ければ多いほど、比例して返済額が多くなるので、この人には本当に返済能力があるのだろうかということで、収入証明が必要になるので、限度額が低いとこの人はこのくらいなら大丈夫だろうとカードローン会社が信じて貸すのです。ここはあくまでも借りる側と貸す側の信頼関係で成り立っているものと考えることが必要です。もし、返済が滞ってしまったりしたらならば、この人にはこのくらいなら大丈夫と信用していたのに返せないなんてとカードローン会社は考えます。そして、例えば限度額を上げたいなどと手続きをしても通らない場合があるのです。急にお金が必要になったときにこれが、お休みの日だったら、借りることができないという事態になってしまいます。そんなときに身分証明書は用意できても、収入証明書は休みの日には用意できません。収入証明が必要のないカードローンを選択すれば急な出費に対応することができます。