グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利とは

利息制限法と出資法

カードローンを借りる上で時々耳にするのは、グレーゾーン金利という言葉です。このグレーゾーン金利とはどのようなことなのでしょうか。
グレーゾーン金利というのは二種類ある金利の間の金利のことです。何を言っているのかわからないという方に説明をします。法律の中に利息制限法というものがあり、ここで決められている金利は最大18%までしか認められていません。しかしッ出資法では29.2%まで金利が認められています。この出資法というものは正式名称「出資の受け入れ、預り金及び金利等の取り締まりに関する法律」と呼びます。出資法は悪質な貸金業者に対して規制するための法律です。このくらいの額を貸し付けたときの金利は、これくらいにしなさいと一定の上限額を決め、これを上回った貸付を行った業者には刑事罰を与えるというものです。出資法が施工されて以来上限金利が改定されてきました。その金利の上限が29.2%ということになります。この利息制限法と出資法の間の金利11.2%がグレーゾーン金利というのです。
お金を借りる人は少しでも金利を安く済ませたいため、18%で借りたいと考えます。しかし貸す方は金利を高く貸したいと思いますから、29.2%で貸したいと思うのです。実際に29.2%で貸し付けを行っていた業者もあり、今まで返済をしていた人が、払いすぎた金利分の差額の返還を求めることがあります。これを過払い請求といいます。
グレーゾーン金利を考えて、自分は払いすぎていないか考えてみます。もし払いすぎたということがあれば弁護士に相談しましょう。自分で行うと面倒な場合があるので、弁護士にゆだねたほうがいいです。