カードローンの金利について

カードローンの金利について

金利の設定には理由がある

カードローンにも金利があります。これは会社によって異なり、3%という低金利の場合もあれば、18%という高金利の場合もあります。低金利の場合は融資額が高く、高金利の場合は融資額が低いことが多いです。この金利はすべての人に当てはまるのではありません。個々の状況によって金利は変動してくるのです。安定した収入が得られる公務員などは信用度が高く、金利が安くなることがあります。しかし、個人事業主など収入に波がある場合は信用度が低く金利が高くなることがあるのです。金利が比較的安く設定されているのが、銀行系のカードローンです。審査等に時間がかかる場合がありますが、即日審査、振り込みが可能なカードローンがあります。誰もができるだけ低金利で借りたいと思っているはずです。その場合は銀行系のカードローンに融資をお願いしてみるのもいいです。金利に関しては、一度さまざまなカードローンの金利を比較してみましょう。このことを考えずに借りてしまうと後々返済が難しくなってしまうこともあるので注意します。
さてカードローンの金利の計算の方法とはどのようなものでしょうか。基本的に日割り計算されます。日割り計算によって出された金利に現金をプラスして返済していくことになるのです。金利が高く設定されているのが消費者金融系のカードローンです。このカードローンの審査は銀行系カードローンよりも緩いという点があります。そのため、即日で借りることができるのです。しかし、借入が一定以上(目安として100万円)を越えると、収入証明が必要になることを頭に入れておきましょう。