カードローンの限度額と審査の関係

カードローンの限度額と審査の関係

限度額によって審査の基準も変わる

カードローンの契約をする際には、必ず限度額が決められます。この限度額はどのように決まるのでしょうか。基本は属性と呼ばれるもので決まります。年収・会社の勤続年数・居住年数および他社の借入状況などです。この基準は銀行系・消費者金融系のカードローンによって若干の違いはありますが基本は変わりません。常用雇用をされている会社員はもちろん、主婦やアルバイトでも借りることができます。主婦やアルバイトがカードローンを契約する場合は、限度額が低く設定されます。限度額として主婦の場合は30万、アルバイトの場合50万程度なります。さらに銀行カードローンの場合総量規制対象外になるのです。つまり、年収の3/1以上でも借入可能になったのです。これにより限度額にも年収の3/1以上を超えて設定される場合もあるようです。借入限度額が100万円以下の場合、収入証明も必要になりません。限度額を設定しているのも、借りすぎを防ぐためのものであり、そのために属性を見て審査しているのです。借りるということは必ず返済ということは付いてまわります。返済が期日にきちっとされるという信用のもとお金が借りられるのですから、それを見越して限度額が決まるということも考えなくてはならないのです。限度額というものはこの人はこのくらいなら貸すことができるという信用の表れといっても過言ではありません。自分の今の現状ではこのくらいは借りることができると考えたほうがいいです。決して借りられないというわけではないのです。限度額は増額は可能ですが、あくまでも返済がきちっと行われているのが大前提となります。信用を得た上で増額したい場合は申請してみましょう。その際も審査はありますから、しっかり受け止めることが大事です。