カードローンの審査

カードローンの審査

カードローンを利用するためには審査が必要

通常のローンを組むのと同じように、カードローンにも審査があります。申し込んだ人の年収や仕事、勤続年数、年収を調べます。
このような審査は実際に借入が開始された場合、返済できるのかが最も大切なポイントになります。いつまでも返済できない状態になると、カードローン会社だけでなく、借りた本人にも信用情報機関に登録され、今後クレジットカードやローンを組むことができなくなるということになる可能性もあるのです。カードローンに種類によって、審査において重視しているところが異なるようです。例えば、銀行系のカードローンの場合は、年収を重要視することが多く、消費者金融系カードローンは安定した収入があるかどうかを重視している場合があります。また、銀行のローンと異なる点として、在籍確認というものがあります。記載した書類の会社に実際に働いているのかを確認するものですが、確認する際には、カードローン会社の名前を出していいかどうか確認を取られることがあります。基本的にはカードローン会社の名前は出さず、担当者が個人名で会社に電話することになります。ローンを組んだことを在籍している会社には知られることはまずありません。
主婦やアルバイトをしている人でもカードローンを使いたいと考えている人もいます。その場合でも、使えるものもあり、この場合の審査は、主婦の場合は世帯収入、アルバイトの場合は現在の収入状況で行われるようです。主婦やアルバイトの場合は会社勤めをしている人よりも使える限度額が低く設定されることのほうが多いです。