審査に必要な書類

審査に必要な書類

本人確認書類は必ず用意

カードローンを借りようと決めて申し込む際、審査を受けなければなりません。それでは審査に必要な書類とはどのようなものでしょうか。どうして審査を行うのかを考えてみます。カードローン会社側では、この人は本当にお金を貸しても大丈夫だろうか、返済できるのだろうかと思います。申し込み書類を記載する際には、さまざまな個人情報を書くと思います。勤務先、そこでの勤続年数、年収、居住年数、住宅ローンの有無、これに関係して他社での借入状況などです。無担保でお金を貸すわけですから、審査は厳重に行う必要があるのです。借りる人の自己申告によって審査が行われるのですが、さらに自分自身を証明するために身分証明書を必要とします。一番信用度が高いのが運転免許証やパスポートです。つまりは顔写真つきの証明証ということになります。これがない場合は、健康保険証や現住所が書かれた公共料金の領収証などが代わりの証明になることもあります。基本は申込用紙と本人確認書類です。限度額が100万円以下の場合は収入証明書は必要ないところが多いのですが、それ以上の額を申し込む際には収入証明書類を必要とします。ここでいう収入証明書類とは、源泉徴収票や所得証明書、個人事業主は確定申告書も含まれます。これら身分証明書や収入証明書類はどれも写しを提出することになります。身分証明書は手元にいつもあるものですからすぐ用意することは可能ですが、収入証明書類の場合はそうはいかないこともあります。借りたい時期が予め決まっているのであれば、事前に用意しておくのがいいです。どれか一つでも不備があると審査を通過することができません。不備がないようにしっかり準備しておきたいものです。